ビタミンD・C・Kが子供の身長を伸ばすのに必要なビタミンって本当?

身長を伸ばすビタミンの種類

ビタミンと言えば、一般的に果物のイメージが多いのではないでしょうか。

ビタミンでは、ビタミンA、B、Cなどの種類を良く聞きますが、一体ビタミンの種類はいくつあるか知っていますか。

ビタミンは13種類あり、ビタミン用化合物と言われるものも10種類以上あります。

身長を伸ばす効果のあるビタミンの種類と特徴

子供の身長を伸ばすには、バランスの良い食事が大切で、その中でも、たんぱく質とカルシウムが重要だといいます。

身長を伸ばすためには、他にも栄養が必要で、ビタミンも欠かせない栄養素です。

ビタミンは、大きく分けると、水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンがあり、水溶性ビタミンは、水に溶けやすい性質があり、脂溶性ビタミンは、脂に溶けやすく、過剰に摂取すると副作用を起こしやすくなります。

特に身長に関係しているビタミンは、ビタミンD、C、Kで、ビタミンDは、ビタミンの中でも一番身長に関係しています。


ビタミンDはどんな効果があるの?

ビタミンDは、小腸で吸収されたカルシウムの吸収を促進してくれます。
不足すると、骨軟化症や骨粗しょう症のリスクが高まります。


ビタミンCはどんな効果があるの?

ビタミンCは、身長を伸ばす効果が高く、ある実験で、ビタミンCを投与した方と、しない方の身長の差を実験した所、あきらかにビタミンCを投与している人の方が、身長が伸びたと結果がでています。

コラーゲンに関わっているのがビタミンCで、コラーゲンは、骨の強度を高める重要な成分です。

ビタミン不足になると、骨がもろくなってしまいます。


ビタミンKはどんな効果があるの?

ビタミンKは、骨の代謝を調節する働きを持っていて、ビタミンKが、オステオカルシウムの合成を助け、カルシウムが骨から流れだすのを抑制して、骨の石灰化を助けて、骨を丈夫にしてくれます。

身長に関係するビタミンD、C、Kの摂取基準量

ビタミンは、子供の身長に関係するとても大切な栄養素です。

ビタミンの効能、効果を知り、1日に必要なビタミンを摂取してあげるようにしましょう。

ビタミンは、アスコルビン酸と言われ、骨や腱などの結合のたんぱく質です。

ビタミンは、皮膚のメラニン色素の生成を抑え、日焼けを予防し、ストレスや風邪などの抵抗力を高めます。

最近では、ガンや動脈硬化の予防や老化防止にビタミンCが有効と言われています。

ビタミンDは、肝臓と腎臓を経て、活性化ビタミンDに変わり、ビタミンDの生理作用は、正常な骨格と発育促進です。

血中カルシウム濃度を同じにすることで、神経や筋肉の収縮を正常に保つ働きをします。

ビタミンKは、たくさん種類がありますが、その中でも特に重要なのがビタミンK2のメナキノン酸です。

ビタミンKの主な作用は、血液凝固に関与するもので、プロトロンビンが肝臓で生成される時に、補酵素として働くのがビタミンKで、ビタミンKが不足すると血液が止まりにくくなります。

ビタミンD、C、Kの食事摂取基準の目安は以下のようになっています。

ビタミンd食事摂取基準(㎍/日)

性別 男性 女性
年齢等 目安量 目安量
0~5ケ月 5.0 5.0
6~11ケ月 5.0 5.0
1~2歳 2.0 2.0
3~5歳 2.5 2.5
6~7歳 3.0 3.0
8~9歳 3.5 3.5
10~11歳 4.5 4.5
12~14歳 5.5 5.5
15~17歳 6.0 6.0
18~29歳 5.5 5.5
30~49歳 5.5 5.5
50~69歳 5.5 5.5
70歳以上 5.5 5.5

ビタミンc食事摂取基準(㎍/日)

性別 男性 女性
年齢等 推奨量 推奨量
0~5ケ月
6~11ケ月
1~2歳 35 35
3~5歳 40 40
6~7歳 55 55
8~9歳 60 60
10~11歳 74 74
12~14歳 95 95
15~17歳 100 100
18~29歳 100 100
30~49歳 100 100
50~69歳 100 100
70歳以上 100 100

ビタミンkの食事摂取基準(㎍/日)

性別 男性 女性S
年齢等 目安量 目安量
0~5ケ月 4 4
6~11ケ月 7 7
1~2歳 60 60
3~5歳 70 70
6~7歳 85 85
8~9歳 100 100
10~11歳 120 120
12~14歳 150 150
15~17歳 160 160
18~29歳 150 150
30~49歳 150 150
50~69*歳 150 150
70歳以上 150 150

ビタミンD、C、Kを多く含む食品はどのようなものがあるのか

子供の身長を伸ばすためには、ビタミンを摂取することが欠かせません。

特に子供の成長に関わっているビタミンは、ビタミンD、C、Kになります。

ビタミンを多く含んでいる食品を多く摂取するようにしましょう。

ビタミンDを多く含む食品

ビタミンDを多く含む食品で、ほかの食品に比べても圧倒的に多い魚介類はよく知られています。

  • あらげきくらげ 128.5㎍
  • かつお類 120㎍
  • あんこう肝 110㎍

上記の食品に多く含まれます。

他にも、太陽の光を浴びて乾燥させたきのこ類に多く含まれ、料理においても利用率は高いのではないでしょうか?

  • 乾燥きくらげ 8.7㎍
  • まつたけ 2.5
  • 本しめじ 1㎍

といった食品に含まれています。

ビタミンCを多く含む食品

テレビCMなどでもよく聞く、『ビタミンC』はいろんな食品に入っていますが、特にビタミンの王様はアセロラなどの酸味種に多い傾向です。

  • アセロラ酸味種 1700㎎
  • 青汁ケール 1100㎎
  • パセリ 820㎎
  • アセロラ甘味種 800㎎

といった食品に多く含まれています。

ビタミンKを多く含む食品

ビタミンKはあまり知られていませんが、納豆に意外と多く含まれています。

  • ひきわり納豆 930㎍
  • 納豆 600㎍

といった感じです。ビタミンKは、他の豆類にも多く含まれています。

豆類以外の食品となると食物繊維、ミネラルが豊富な海藻類などにも多いです。

  • 乾燥カットワカメ 1600㎍
  • 素干しワカメ 660㎍
  • 味付けのり 650㎍

特に乾燥させたワカメに多く含まれます。

ビタミン群が豊富なセガグーンで栄養をサポート

成長期のピークは、10代と言われ、この成長期は人生で一度きりで、成長期にしっかりと骨を伸ばしてあげないと、大人になってからは、中々身長は伸びません。

骨の成長にはたくさんの栄養素が必須で、カルシウムだけを摂っても意味がありません。

栄養成分をバランスよく摂取する必要があります。

セガグーン公式

そこで、成長期の成長のための栄養素がギュッと詰まった栄養機能食品のセガグーンがおすすめになります。

セガグーンの成長サポート成分には、骨に大切なボーンペップ、カルシウム、成長期アミノ酸、bcaa、アルギニン、母乳の力α-GPCが含まれています。

他に生きていくために欠かす事のできないビタミンb1、b2、b12のビタミン群とカルシウムの吸収を良くしてくれるビタミンdを配合しているので、スムーズに骨を伸ばす事ができます。

セガグーン公式
最近よく、身長を伸ばす効果があると、宣伝にされているサプリを良くみかけるようになりました。 我が子が、身長が低かったら、試してみたいと...

さらに、ミネラル、マグネシウム、鉄分もしっかりと配合されていて、マグネシウムは、単体で活動できないカルシウムを手助けしてくれて、鉄分は栄養をしっかり細胞、骨に届けるためのヘモグロビンの働きになります。

公式サイトhttps://natureseed.jp/pr_segagoon/

ビタミンD、C、Kのサプリメントの過剰摂取には注意が必要

子供の身長を伸ばすのに、ビタミンは効果的と言われ、特にビタミンD、C、Kが大切です。

ビタミンcは、水溶性ビタミンなのでたくさん摂取しても、余分な分は尿として排出されると言われ、たくさん摂取していませんか?

副作用の心配はほとんどないと言われていますが、下痢や吐き気などの一般的な副作用やサプリメントから許容上限量を超えるビタミンを摂取すると、副作用の報告もでています。

食事のみからのビタミンは、過剰摂取はほとんど起こることはありませんが、サプリメントの過剰摂取は身体に害を与えます。

特にお子さんに必要なビタミンD、C、Kの副作用は次のような症状です。

  • ビタミンD
    ビタミンDは、脂溶性ビタミンで、過剰に摂取すると高カルシウム血症を起こすことがあります。
    血管壁や腎臓、心筋、肺などに過剰なカルシウムが付着し、腎機能障害や食欲不振、嘔吐、神経の興奮性の亢進が現れます。
  • ビタミンC
    ビタミンCは、水溶性ビタミンなどで、過剰に摂取しても尿として排出され、問題ないと言われてきましたが、サプリメントでビタミンCを過剰に摂取した時は、注意が必要です。
    ビタミンCの過剰摂取の一般的な副作用は、消化器系の問題で、下痢と吐き気です。
    鉄の吸収をよくする作用があるので、鉄過剰につながり、心臓、肝臓、すい蔵、甲状腺にダメージを起こす事があります。
  • ビタミンK
    ビタミンKは、脂溶性ビタミンで、K1とK2があり、過剰に摂取しても問題ないと言われていますが、ビタミンK3は、人体に悪影響を及ぼすことがあります。
    血栓予防に処方されるワーファリンを服用している場合は、症状の悪化につながる可能性がありますので、注意が必要になります。

成長サプリメントおすすめランキング2018

関連記事

うまみ成分の元となるグルタミン

意外と知られていないグルタミンの身長を伸ばす働きを調査

鉄分と亜鉛の効果

鉄分と亜鉛は成長期に身長を伸ばすためには必要不可欠

カルシウムと身長の関係

子供の身長を伸ばす成分カルシウムの効果と適切な摂取量

ボーンペップは高身長に導いてくれる成長サプリの新成分

マグネシウムの身長を伸ばす効果

マグネシウムはカルシウムの吸収を良くして子供の身長を伸ばす!?

オルニチンが含まれるしじみ

オルニチンは大人から子供まで嬉しい成長サポート効果がいっぱい