バレーボールやバスケットボールをすると身長は伸びるのか?

バレーボールなどのジャンプすることが多いスポーツは、跳躍が多いスポーツで、背が高い方が有利なスポーツであると同時に、身長を伸ばす効果があると古くから言われています。

スポーツと身長の関係
身長が伸びるという説は、伸びた人もいれば伸びない人もいて、本当のところはわからないことが多いですが、身長との関係はどうなっているのでしょうか。

スポーツは子どもの身長を伸ばす?身長とスポーツの関係

スポーツをする子としない子では、身長の伸び方に違いはあるのでしょうか?

下記のことについて調べてみて、気になった情報を紹介することにしました。

  • スポーツと成長ホルモンの関係とは?
  • 子どもの身長を伸ばすことに貢献するのか?

子どもが適度な運動をすることはとても良いことで、全身の血流を良くすることや、適度に体を使い疲労感を得られるために、夜になると程よい睡眠導入効果が期待できます。

夜になると自然な形で、睡眠導入効果を得るためには、日中に全身を動かすタイプの適度なスポーツをすることがおすすめです。

全身運動をすることは、全身の筋肉に加えて骨まで刺激を与えることとなり、骨端線にも刺激を与えることができれば、周辺の軟骨組織の増殖を促すことができます。

日中の運動は、深い眠りを誘い、軟骨成分を増やす効果が期待できるので、結果的に子どもの身長を伸ばすことにもつながります。

深い眠りを得られると、成長ホルモンの分泌促進が期待できることも加えると、子どもには適度なスポーツが身長を伸ばすために必要だといえます。

上半身を使う、下半身を中心に使う、というような部分的な運動ではなく、全身をバランスよく使うようなスポーツを選ぶことが良く、例えば、バスケットボールやバレーボールなどは、縦と横の動きがあるので、適しているといえます。

バランスよく体を動かすことは、成人後にも成長ホルモンの分泌を促進させる効果があり、バスケットボールやバレーボールのようにハードなものでなくても、短時間の筋トレなどもおすすめな運動です。

自宅でも簡単にできる短時間の筋トレなら、1人でも実行できるので気楽にできます。

スポーツによる骨端線への刺激とは?

成長に重要だと言われている骨端線は、骨端軟骨と呼ばれている軟骨組織が集まった部分のことをいいます。

子どもの成長期には、この骨端線で骨内部から軟骨組織が増殖して、段階的に硬い骨を作り出していると言われています。

豊富な軟骨組織が成長とともに、軟骨性骨化を繰り返していくことで、骨が伸びていき身長が伸びることにつながっています。

この骨端線にある程度の刺激を与えると、より一層子どもの身長を伸ばすことができ、そのためには刺激を与える方向が大事だと言われています。

骨端線に与える刺激は、上下の動きとの関係が深い跳躍系の動きが良いと言われています。

バスケットボールやバレーボールは、上野方向にジャンプすることが多いスポーツで、この縦方向にジャンプする力が重要なポイントになっています。

上下に働くジャンプする力は、骨に陰圧をかけることとなります。

わかりやすく言うと、ジャンプすることで骨をした方向に引っ張る力が働くため、各スポーツをプレイ中は、骨そのものを引っ張る状態を何度も作り出すことになります。

この骨を物理的に引っ張る状態は、骨端線に陰圧刺激となって伝わり、刺激を受けた骨端線は骨端軟骨付近の血流を盛んな状態にします。

血流が良くなることで、体内の栄養素やホルモンが十分に運ばれて、骨端線付近は栄養豊富な状態になります。

その結果、骨端軟骨の増殖につながり、骨端軟骨が活発に増殖することで、上部な骨の組織が次々と作られて、身長を伸ばすことにつながります。

縦方向の動きをする運動は、跳躍系スポーツ以外に、鉄棒にぶら下がる行為、縦方向に体を使う水泳も全身運動として注目されており、身長を伸ばすことに良いスポーツとして知られています。

スポーツを取り入れながら子どもの身長を伸ばす方法

スポーツを取り入れながら、子どもの身長を伸ばしたいときは、子どもが行うスポーツそのものが、無理のない範囲であることが望ましことは言うまでもありません。

全身運動の方がより良い効果を発揮するので、習い事としてスポーツをすることも良い方法ですが、自宅にバスケのボールスタンドを設置して遊びの一環として運動させることも良い方法です。

無理のない範囲として、ハードすぎない運動というニュアンスもあり、スポ少などに入団することも良いです。

万一、自分の体調がおかしいときや、成長痛が発生したときに休めるかどうかなどを考えると、無理して習い事として習う必要はないと考えることもできます。

しかし友達同士の関係でどうしてもスポ少に入りたいという場合は、自分の足に合うシューズ選びが重要で、どのようなスポーツをするにしても、自分の足への負担が少なくなるものを選ぶようにします。

また、普段から筋肉を柔らかくするために、十分なストレッチをしっかりと行うことも必要です。

生活面では食事面はもちろん、汗をかいたあとのビタミンやミネラル類の十分な補給、1日10時間を目標にした睡眠時間の確保に重点を置き、できるだけ規則正しい生活習慣と睡眠を心掛けるようにしましょう。

スポーツをしても身長が伸びないこともある理由とは?

バレーボールやバスケットボールなどの跳躍系のスポーツをしていても、身長が伸び悩む人もいます。

牛乳を毎日1リットル飲んでいるのに、全然背が伸びない人もいるのは、もしかしたら遺伝なども関係しているかもしれません。

また別の角度から見ると、日ごろ取り組むスポーツに起因することがあるので、激しいなスポーツは良くないともいえます。

スポーツをしても身長が伸び悩む原因は?骨端線との関係を解説

スポーツをしているのに、子どもの身長が思うように伸びないときは、過度なトレーニングや運動のしすぎ、または骨端線が閉じたことが原因だと考えられます。

これは子どもの身長には適度な運動が必要ですが、やりすぎてしまった場合によくあることで、骨端線付近に炎症を起こしたり、また骨端線が閉じてしまった可能性があります。

バスケットボールやバレーボールは、骨端線付近に刺激を与え、血流を促進して骨端軟骨を増やすなど、身長を伸ばす効果が高いスポーツです。

ですが、子どもの体に必要以上の負荷をかけた場合は、逆に損傷させてしまうこともあり得るものです。

さらに骨端線が閉じてしまうと身長は伸びなくなります。

この骨端線が閉じているかどうかは医療機関でレントゲンで確認でき、閉じてしまった場合はそれ以上の身長の伸びは期待できなくなります。

スポーツをしていても、身長の伸びが足りない場合は、運動が足りないか過剰なのかのどちらかであることが多いですが、骨端線が閉じていないかも確認してもらうことも重要です。

足に痛みがある場合は、無理は禁物で数日様子を見ても良くならないときは、医療機関を受診することも視野に入れておきましょう。

過度なスポーツは禁物!痛みがあるなら整形外科受診も!

子どもがスポーツに熱中したり、レギュラーに選ばれるために頑張ってしまい、足に痛みを生じた場合は、骨端線に刺激を与えすぎて損傷や炎症を起こしている可能性があります。

外傷がない場合で痛みがあるときは、いつも通りにスポーツをしていて痛む場合や、数日休んでも痛みが引かないときに、整形外科を受診すると良いでしょう。

骨端線の損傷や炎症があるときは、無理をしないで医師の指導に従うことが基本です。

成長痛とも言われるこの痛みは、成長が止まるまで痛むことがありますが、大抵は急激な身長の伸びのために痛むだけなので、異常がないか医療機関で確認し対応を仰ぐことが良い方法です。

運動と身長の関係
子供の成長に必要な要素といえば、食事と睡眠、そして運動ですよね。 このどれか一つが欠けてしまっても、子供の成長に悪影響が出てしまい...

関連記事

子供の身長は遺伝で決まるの?親が子供のためにできることは?

鉄棒ぶら下がりで身長は伸びるのか?

鉄棒にぶら下がると身長は伸びるのか?

思春期や成長期に身長を伸ばす方法

成長期や思春期の子供の身長を伸ばすために大切な3つのポイント

牛乳を飲むと身長は伸びるのか?

牛乳を飲むと身長は本当に伸びる?伸びない?気になる噂を調査

身長差

身長が伸びる子と伸びない子の違いは何?原因を調査してみた

肥満と身長の関係

身長が伸びないのは肥満が原因なの?考えられる理由と解決法をご紹介