子供の身長と睡眠の関係性~子供を成長させる親の心構え

子供の身長を伸ばす睡眠

子供の成長には睡眠が不可欠です。

子供が成長するためには成長ホルモンが必要になりますが、成長ホルモンの分泌がもっとも活発になるのが睡眠時だからです。

子供の身長を伸ばすためには骨や筋肉の発達を支える栄養だけでなく、睡眠のバランスが大切になってきます。

睡眠の質や運動が重要になるのもポイントで、いかに睡眠の質を高めるかを考える必要があります。

関連情報

子供の成長期と睡眠の大切さを理解する

子供の成長期は3つに分けることが可能で、乳幼児、小児期、思春期ではそれぞれ身長の伸び方などがかわってきます。

乳幼児から小学校に入るまでは非常に身長の伸びが速く、服の買い替えが大変という人も多かったはずです。

小学校に進学してからは若干身長が伸びるペースは落ちますが、中学校に進学する頃に訪れる思春期ではまた成長速度が速まります。

身長の伸び方は人によって異なるものの、女性は20代前半、男性は20代半ばまで伸びるケースもあります。

大切なのは、身長がもっとも伸びるのが睡眠時であることを理解することです。

子供の成長には成長ホルモンの働きが重要になりますが、不規則な生活が繰り返されると睡眠が浅くなり、成長ホルモンの分泌量が減る原因になります。

夜にしっかりと眠らせることが健康的に成長する基本であり、身長を伸ばすポイントになってくるのです。

成長期や思春期になると様々な娯楽が増え、受験などの勉強が必要になることからどうしても睡眠不足になりがちです。

しかし、体の成長面ではマイナスになる可能性があるため、親がしっかり見守り、指導していく必要があるのです。

睡眠時間だけでなく睡眠の質が子供の成長に重要

子供が成長するためには眠ることが重要ですが、ただ長時間眠らせればいいというわけではないことに注意が必要です。

睡眠時間が長すぎれば、体内のリズムが狂い、眠りの質が悪くなってしまう可能性があります。

活動と睡眠のバランスが取れなければ、悪い意味で成長が遅くなってしまうケースもありえるのです。

大切なのは、睡眠のリズムを作ることです。子供の個性によってどの程度起きていられるのか、睡眠を必要とするかに違いがあるのもポイントです。

活発に動けば体力が追いつかずに眠るのが早くなるなど、成長期にあわせて睡眠のサイクルもかわってきます。

ところが、体力よりもテレビやゲーム、勉強を優先するようになると、体のスケールに合わせた睡眠のサイクルが作れなくなります。

成長のためだけでなく、健康のためにも自分の体を休めるリズムを覚えさせ、習慣化させていくことが大切なのです。

親の生活サイクルが子供に影響を与えることを知る

親の生活サイクルが子供に与える影響が大きいことも踏まえ、コミュニケーションをとりながらしっかり休ませるように工夫が必要です。

一度サイクルが崩れると、眠っても眠っても睡眠の質が改善されず、悪循環に陥るケースもあります。

寝たりないからと眠っても脳が疲れて感覚が麻痺してしまう場合もあるため注意が必要です。

人間は寝だめができないことは科学的にも証明されているため気を配る必要があります。

子供の成長は思春期の睡眠が特に大切だといわれる理由

身長を伸ばすためには適度な運動と十分な栄養が不可欠で、質のよい睡眠とセットで考える必要があります。

運動をすると体が成長の必要性を感じ取り、成長ホルモンを活発に分泌します。

身長を伸ばすためには骨や筋肉を作る必要があるため、ミネラルや各種栄用素を食事やサプリメントでしっかりと補給し、しっかり眠ることが基本になります。

特に思春期の睡眠は大切で、しっかりと子供の生活に気を配る必要があります。

思春期は体だけでなく精神面での成長も早くなり、ストレスを抱えやすくなるからです。

受験勉強などでさらにストレスがかかった結果、精神面の不安から睡眠の質の悪化を招いてしまうこともあるのです。

子供の成長を見守ることは難しく、ついつい口を出してしまいがちです。

時には良かれと思っていったことが反発を生み、マイナスになってしまうケースもあります。

重要なのは短期的な結果ではなく、長期的な視野に立つことです。

常に完璧な生活習慣を求められると反発したくなるのが子供です。

特に思春期は反抗期とも重なりやすいため、きつく叱ったり指導したりすることが正解とは限らないのです。

子供の成長には親の心の成長させることがポイント

子供の成長を促すためには、子供だけでなく親の心も成長するのがポイントです。

自分を追い詰めることがマイナスになる場合もあります。

ある程度大らかに構え、見守るバランス感覚が大事になるのです。

誤解やすれ違いが生じた場合は、時には大人から頭を下げなければならない場合もあります。

どのような関係を構築するかは家族によって異なるため、絶対的な正解はないのです。

心の成長が追いつかなければ、健康的な生活を維持することも難しくなります。

時に夜更かしをしてでも話しに付き合い、精神の安定を優先するなど、親の理解が必要とされることもあるのです。

睡眠を子供に管理させる意識も大切に

身長を伸ばすための睡眠は重要ですが、子供の協力がなければ眠ってもらうこともできなくなる恐れがあります。

睡眠の重要性を学んでもらうだけでなく、進んで教えることも大切で、ある程度子供にゆだねる意識も大切になってきます。

睡眠時間を管理させる意識をもち、子供に任せなければ習慣として続けることは難しいのです。

基本となるのが、親がお手本を見せることです。

子供に寝ろといっても、親が深夜のテレビや様々な趣味を優先すれば気になって眠れなくなる恐れがあります。

思春期に入るまでは親も積極的に早く休む癖をつけ、休むことを常識として示す必要があるのです。

子供にだけ早く休むように言っても、説得力に欠けてしまうのもポイントです。

ある程度成長してきた場合は、なぜ睡眠が重要か教える必要があります。

睡眠の重要性を知れば、子供から積極的に行動してくれる可能性が高まるからです。

健康的な習慣を身につけてしまえば、夜更かしなどをデメリット感じるようになります。

理詰めで言った方が良いのか、感覚的に伝えた方が良いのかは子供によって異なるため、知恵の絞りどころとも言えます。

大人が誘惑に負けてしまうことがあるように、子供も誘惑に負けてしまったり、教えたことを忘れてしまうことがあります。

失敗をしたと思っても、叱ることだけが選択肢ではないことに注意が必要です。

一緒に睡眠の大切さを考え直したりするなど、歩み寄りをすることで子供の理解が深まることもあるためです。

睡眠にとって悪い習慣を学ぶことも必要

睡眠に悪い習慣を学ぶことも大切なポイントです。

寝る前の食事や強い光の刺激など、睡眠に悪影響を与えるものを避けるのは基本になってくるからです。

子供の生活環境や、習慣の変化に合わせて見直すことも必要になります。

特にスマホを持たせてから生活のバランスが崩れるケースは多く、ペアリングコントロールで操作できる時間をコントロールするなど工夫も必須になります。

子供がテクノロジーについて学ぶ速度は速く、親の知識を上回ってしまうケースもあります。

しかし、親が勉強を放棄してしまうとコントロール権を握られ、取り返しがつかなくなるケースもあるのです。

ネットを通じて個人情報をばら撒いてしまうなど、副次的なデメリットを消すためにもしっかりと対応していく心構えがいります。

子供の成長に何が足りないかを知ることが大切に

睡眠は子供の成長に重要で、身長を伸ばすためにも欠かせない要素になります。

しかし、食事のバランスや適度な運動など、気にしなければならないポイントは多く、どのようにバランスをとっていくかが大切になります。

食事の不足はサプリメントで補うなど工夫ができますが、子供が成長するほど根本的な生活習慣を改善するのは難しくなります。

早め早めに行動し、先手を打つ慎重さも大切になってくるのです。

子供の身長を伸ばすサプリ

関連記事

運動と身長の関係

運動させるのは子供の成長に良い影響を与える?身長が伸びるのは本当なの?

身長を伸ばす栄養素

子供の身長を伸ばす3つの栄養素と効果的な摂取方法