子供の身長を伸ばすアミノ酸のたんぱく質を調査しました

たんぱく質と成長の関係
子供の成長期に一番大切な栄養素は何か知っていますか?

人間の身体に必要な栄養素は、五大栄養素のたんぱく質、脂質、炭水化物、無機質、ビタミンがあります。

特にこの五大栄養素の中でも、私たちの身体にとって重要なのは、三大栄養素の炭水化物、たんぱく質、脂質で、三大栄養素とは身体になくてはならないもっとも大事な栄養素の事で、このうちのたんぱく質が子供に一番必要な栄養素です。

たんぱく質は、身体の組織を作ったり、歯や骨の育成を助けたり、私たちが健康に生きていくのに絶対欠かす事ができない栄養素です。

子供の身長を伸ばすのに、代表する栄養はカルシウムですが、カルシウムと同じように大切なのが、たんぱく質の中のアミノ酸のアルギニンで、成長ホルモンの分泌を促進する作用があり、たんぱく質が成長ホルモンに作用して骨、筋肉が伸びて身長が伸びます。

アルギニン
一昔前は、子供の身長を伸ばすのに、カルシウムを積極的に摂るように勧められていましたが、今では身長を伸ばす為に大事な栄養素はアルギニンと言われてい...

たんぱく質のもう1つの特徴は、神経の働きを高めたり、疲労回復、脳の働きを高める効果があるので、成長期の子供の身長を伸ばすだけでなく、脳が冴え、勉強にも力を発揮する事ができます。

普段の生活の運動量で適正なたんぱく質を知ろう

子供の成長期にたんぱく質がどれだけ重要かがわかった所で、次にたんぱく質は1日どれぐらい摂取したら良いか気になると思います。

日本人の食事摂取基準は、日本人が摂らなければいけないエネルギーや栄養素を厚生労働省が基準値を定めています。

その基準は、成人男性、成人女性、年齢などで摂取量も違ってきます。

たんぱく質は、普段あまり運動しない人や、毎日のトレーニングをしているアスリートでは、たんぱく質の必要な量も大幅に違ってきます。

それぞれの身体の筋肉のつき方や体重も違いがあるので、自分にあったたんぱく質の最適な量を知るには、自分が毎日の生活の中で、どれぐらい身体を動かしているか把握しておくことが大事になります。

たんぱく質源の食品は、普段の食事に含まれている事が多く、ご飯やパンなどの穀類にも含まれる事が多く、ご飯やパンなどの穀類にも入っていて、野菜や海藻類にもわずかながらたんぱく質が含まれています。

太り気味の人は、知らず知らずにたんぱく質を過剰に摂取している場合がありますので、注意をするようにしてください。

たんぱく質を具体的に1日いくら摂ったらいいかの目安は、簡単な計算方式で表すと、一般的な男性、女性は、体重の1/1000g、運動量の多い人は1.2~2/1000gです。

たんぱく質は、色々な食品に含まれているので、毎日3食きちんとたべていれば十分に補うことができます。

厚生労働省の基準値の必要なたんぱく質の摂取量は以下のようになっています。

(推定平均必要量、推奨量、g/日)

性別 男性 女性
年齢等 推定平均必要量 推奨量 推定平均必要量 推奨量
0~5ケ月
6~8ケ月
9~11ケ月
1~2歳 15 20 15 20
3~5歳 20 25 20 25
6~7歳 25 35 25 30
8~9歳 35 40 30 40
10~11歳 40 50 40 50
12~14歳 50 60 45 55
15~17歳 50 65 45 55
18~29歳 50 60 40 50
30~49歳 50 60 40 50
50~69歳 50 60 40 50
70歳以上 50 60 40 50

手軽に買えるたんぱく質の多い食品は?

生きていくにはたんぱく質と言われるぐらい、たんぱく質は人間の身体に必ず必要な栄養素で、きちんとたんぱく質を摂取できていると、丈夫な筋肉を作ったり、美白に効く効果もあり、健康な身体を作りだしてくれます。

普段の食事でたんぱく質が不足している人は、たんぱく質の含有量多い食品はどんなものか知り、健康な身体を手にいれましょう。たんぱく質の多い食品を紹介します。

海の幸の魚介類の動物性たんぱく質

魚介類にたんぱく質が多く含まれています。
100gあたりの含有量で特に多いのは、

  • 半海藻類のしらす干し40.5g
  • イワシの丸干し32.8g
  • いくら32.g
  • すじこ30.5g
  • 牛肉腱やすじ28.3g

に多く含まれています。

畑の肉と呼ばれる大豆もたんぱく質が豊富

大豆は畑の肉と呼ばれ、様々な栄養が凝縮されている食品です。
最新の栄養学でも注目を浴びていて、ガンの予防にも効果があると言われています。

豆類は植物性のたんぱく質で、大豆の中でたんぱく質の含有量が多い食品は、100gあたり、

  • きな粉35.5g
  • 油揚げ18.6g
  • がんもどき15.3g
  • 厚揚げ10.7g

に多く含まれています。

チーズなど乳製品にも含まれるたんぱく質

牛乳といえばカルシウムのイメージが強いと思いますが、牛乳を加工して生成されるチーズなどの乳製品にもたんぱく質は含まれます。

それぞれの乳製品100gあたり

  • パルメザンチーズに44.0g
  • 脱脂粉乳34.0g
  • カマンベールチーズ19.1g
  • クリームチーズ8.2g

に含まれています。

たんぱく質のアルギニン高配合で1日1杯で80%の栄養がとれる

人間の身長がぐんと伸びる時期は決まっていて、この時期のタイミングを逃すと、身長は伸びる可能性が少なくなります。

この限られた成長期にしっかりと必要な栄養素を摂らせてあげて、ぐんぐんと大きく育ってほしいものです。

伸びる時期に、栄養がしっかり凝縮された身長サプリで不足している栄養を補給してあげるのもおすすめです。

子供の身長が伸びるのは、骨が伸びる事です。
骨を成長させるには、カルシウムだけでは骨は伸びません。

骨をしっかり成長させて、身長が伸びるには、カルシウム、ビタミンD、亜鉛、たんぱく質が必要になります。

身長を伸ばすにはバランスの摂れた食事も大事ですが、身長を伸ばすのは、成長ホルモンなので、成長ホルモンの分泌をよくしてあげるの事が大切です。

成長ホルモンは、夜に分泌がさかんになるので、しっかりと質の良い睡眠がとれるように環境を整えてあげるようにしましょう。

成長ホルモンをアップさせる栄養素は、アルギニンで、身長サプリではアルギニンが含まれている身長サプリがおすすめです。

おすすめの身長サプリは、アスミールで、アスミールには、成長ホルモンに関係するアルギニンや亜鉛を高配合で含まれていて、1日1杯で約80%の栄養を摂る事ができます。

人が生きていくのに、ストレスか必ずつきものです。 子供にもストレスはあり、ある研究の結果では幼児からあると言われています。 子供...

カルシウムの吸収は摂取するだけでは吸収が難しいのですが、アスミールは、独自の配合した3つの異なるカルシウムで、3つが相互しあい、カルシウムの吸収が最大限に高まります。

成分には、天然サンゴ素材のドロマイト、魚焼成カルシウム、阻害物質を除去した胡麻カルシウムが含まれていて、カルシウムの吸収がよくなり、骨を丈夫にして、身長をスムーズに伸ばすことができます。

たんぱく質の過剰摂取は全身に副作用の悪影響を起こす

厚生労働省は、1日あたりのたんぱく質の平均摂取量を、成人男性50㎎、成人女性を40㎎と定義しています。

この平均摂取量より不足すると、病気をしやすくなったりしますが、逆に筋肉をつけたいために、サプリメントで過剰にたんぱく質を摂りすぎると、過剰摂取で太ったり、副作用を起こすことがあります。

プロテインを過剰に摂取すると、身体に異変が起こり、主な症状は、腎臓への影響、尿路結石のリスク、腸内環境の乱れがあります。

腎臓への影響は? 腎臓への影響は?
一般的に健康な人でも、サプリなどのたんぱく質の過剰摂取で、一時的に腎臓に変化がある場合がありますが、普通は時間とともに、元に戻るので、一過性のもので心配はないものですが、注意が必要なのは腎臓疾患がある人です。

腎臓疾患がある人が過剰にたんぱく質を摂取すると、腎臓疾患や糖尿病のリスクが高まる事があります。

尿路結石のリスクは? 尿路結石のリスクは?
たんぱく質を多く含むのは、動物性たんぱく質がありますが、動物性たんぱく質を摂りすぎると、大量に摂取したシュウ酸が体内のカルシウムと結合して、石のような固まりになり、尿に排出する事ができなくなります。
腸内環境の乱れは? 腸内環境の乱れは?
動物性たんぱく質を摂りすぎると、身体に吸収されなかったたんぱく質はそのまま腸の中に残り、腸内に溜まったままのたんぱく質は悪玉菌のえさになり、腸内環境が乱れてきます。

腸内環境が健康かどうかを判断するには、便の色が黄色か黄色がかった褐色で、臭いがあまりないのが健康な腸内です。

逆に腸内が乱れていると、便は黒っぽく嫌な臭いがあるのが特徴です。

腸内環境が乱れると、口臭や体臭など、全身の症状にも現れてきますので、たんぱく質の過剰には気をつけるようにしましょう。

1日のたんぱく質の目安の摂取量を覚えておき、摂取量を守る事ができると、健康な身体を作る事ができます。

子供の身長を伸ばすサプリおすすめランキング

関連記事

身長を伸ばす栄養素

子供の身長を伸ばす3つの栄養素と効果的な摂取方法

運動と身長の関係

運動させるのは子供の成長に良い影響を与える?身長が伸びるのは本当なの?

子供の身長を伸ばす睡眠

子供の身長と睡眠の関係性~子供を成長させる親の心構え