子供の身長を伸ばす3つの栄養素と効果的な摂取方法

身長を伸ばす栄養素

「最近の子供は身長が昔の子供と比べてかなり高くなってきたわ」なんて言葉を聞く反面、「うちの子の身長が他のお子さんよりずっと低くて心配なのよね」なんていう言葉もよく耳にしますよね。

事実、最近では低身長に悩むお子さんが多いのです。

そこで、ここでは、子供の身長を伸ばす栄養素の中でも重要となる3つの栄養素をご紹介すると同時に、どのようにして(どんな食べ物から)それを摂取すればよいのかについてご紹介したいと思います。

子供の身長を伸ばす3つの栄養素はこれだ!

お子さんの身長を伸ばしてあげたいと思っている親御さんは、子供が心配しないためにも体に影響がないようにするためにも、できるだけ自然の力で身長を伸ばしたいと願うものです。

それにはやはり、子供の身長を伸ばすために必要な栄養素を摂取しなければいけないのですが、その中でも重要な3つの栄養素とはどんなものとなるのでしょうか。

カルシウム!これは絶対に外せない!

骨を作る素となるものといえば、皆さんもご存知のカルシウムです。

ただし、ここで理解していただきたいのは、カルシウムは骨を作る、丈夫にするための栄養素であり、直接身長を伸ばすことにはつながらないということです。

しかし、骨が丈夫でなければ、骨を伸ばして身長を高くすることだってできませんよね。

そのため、カルシウムは不可欠となるのですが、これだけでは正直ちゃんとした働きをしないのです。

ですので、カルシウムと一緒にとっていただきたいものが、マグネシウムです。

カルシウムを体に吸収して骨をきちんと固定するためにはマグネシウムがその糊のような働きをするので、カルシウムと同時にマグネシウムをとらなければいけません。

たんぱく質は身長を伸ばすエネルギーにもなる!

脂肪と同様、体のエネルギーとなる栄養素として知られ知恵るのがたんぱく質です。

実は、このたんぱく質が、骨を伸ばすのに欠かせない成分となり、カルシウムとマグネシウムを摂取して骨を固定させた後、たんぱく質の力によって骨を伸ばし、身長を伸ばすという流れになります。

たんぱく質は、人間が動く、生きていくために欠かせないものである筋肉や血液をも作りだし、成長期には欠かせない栄養素です。

新しい骨を作るのにもこのたんぱく質がないとできませんから、たんぱく質をたっぷり(摂り過ぎは摂り方によっては肥満につながるのでいけませんが)摂取するようにしましょう。

骨粗鬆症を防ぐ効果もあるビタミンD

人間にとって欠かせない栄養素の1つでもあるのがビタミンDです。

よく「太陽にあたってビタミンDを吸収して来なさい」なんて言われることがありますが、太陽の光にはこのビタミンDがたっぷりと含まれており、これを日頃からある程度浴びていないと骨粗鬆症になってしまいます。

つまり、骨が弱くなってしまうということです。

では、ビタミンDがどういった働きをするのかというと、先ほど必要だとお伝えしたカルシウムは、実は体に吸収しにくい栄養素でもあります。

そのため、カルシウムを体に吸収することができるようにするのがビタミンDの役割です。

他にもおすすめの栄養素

上記は3大栄養素となりますが、それ以外にも身長を伸ばすために積極的に摂っておくと良い栄養素をご紹介しましょう。

ビタミンB群は疲れを取り除くためにも必要な成分ですが、特に注目したいのがビタミンB6です。

これはたんぱく質をアミノ酸に分解しする働きもあり、アミノ酸を異なるアミノ酸へ組み換える働きを助けてくれます。

そのため、これが不足するとたんぱく質をエネルギー(骨を伸ばすためのエンジンがかからないと思ってください)として使えなくなるのです。

色々な種類がアミノ酸にはありますが、この中に身長を伸ばすために必要な成長ホルモンの分泌を助けるものもあるとされているので、非常に重要な役割を果たします。

身長を伸ばす3大栄養素はどんなものに含まれているの?

それでは、3大栄養素、どうにかして日頃の食事などで摂り入れていきたいですが、一体どんな食材に多く含まれているのでしょうか。

カルシウム・マグネシウムを多く含む食品 カルシウム・マグネシウムを多く含む食品

ご存知の通り、カルシウムと言えば、牛乳です。

たっぷりとカルシウムを含んでいるので、日頃から飲んでいただきたい所ですが、苦手なお子さんもいるでしょう。

そういった場合には、ココアなどを混ぜて飲ませるなどしてあげると良いですよ。

そして、マグネシウムは、海藻やナッツ類にたっぷりと含まれています。

ひじきやわかめなど、皆さんの食卓でもよく出るでしょうから、そういった食事を増やしていくことと、おやつにはナッツをあげるなどすれば、マグネシウムを簡単に摂ることができます。

たんぱく質を多く含む食品 たんぱく質を多く含む食品

体のエネルギーとなるたんぱく質ですが、これは、魚や肉など、基本的に、日々の食卓のメイン食材になるようなものの中に含まれています。

大きく分けて、動物性のもの(お肉など)と、植物性のもの(豆類)などがありますが、これらをバランスよく食卓に出すことで、体の栄養バランスも良くなります。

動物性たんぱく質だけとってしまうと、不要なエネルギーが体に残ってしまったり、それを分解するのにかなりのエネルギーを使い、骨を伸ばすためのエネルギーにつながらなくなってしまいます。

ですので、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を交互に毎日食べるというようにするのがおすすめです。

ビタミンDを多く含む食品 ビタミンDを多く含む食品

先述した通り、ビタミンDは、太陽にあたることで摂取することもできますので、よく外で遊ぶお子さんは、この栄養素は知らぬ間によく吸収しています。

しかし、日々の食事から足りない部分を補いたい所です。

ビタミンDが含まれている食材としておすすめなのが、今オメガ3で話題となっている青魚、それにキノコ類によく含まれていますので、積極的に摂るようにしましょう。

3大栄養素を成長サプリで摂取する方法と効率的な飲み方

上記の3大栄養素を効率よく摂取するために、成長サプリを使って補う方法があります。

ここでは効果的な摂取方法をご紹介したいと思います。


成長サプリで効率的に摂取しよう!

コンビニやドラッグストアに行けば、数多くのサプリが並んでいますが、お子さんの低身長に悩んでいる方向けのサプリがあるのをご存知ですか。

正直、日々の食事から必要な栄養素を毎日摂取するというのは、簡単なことではありません。

献立にも悩みますし、毎日それぞれの成分が食材にどれだけ含まれているのかなんて計算できませんよね。

ですが、成長サプリであれば、決まった量の必要な栄養素をすぐに摂ることができます。

基本は飲んだり食べたりするだけのものなので、色々な手間も省きつつ、必要な栄養素がとれるのですから、こんなに楽なことはありませんよね。


成長サプリは飲み方にも注意しよう!

成長サプリを利用するというのであれば、必ずどのように飲めばよいのか、そのタイミングをチェックしてください。

例えば、朝ごはんが終わった後に飲むようにと書かれているのであれば、それに従いましょう。

そう書かれているのに夜寝る前に飲んだりしては、せっかく出るはずの効果も失われる可能性が高いです。

ですので、飲み方のタイミングはきちんと守ること、これが効果的な摂取の仕方となるので、覚えておきましょう。

お子さんの低身長で悩んでいる親御さんは少なくありません。

まずは必要な栄養素を覚えて積極的に摂取させてあげましょう。

食事だけでは補えないという場合には、成長サプリを飲ませてあげると骨の成長をサポートしてくれるので、ぜひ試してみてください。

成長サプリランキング

関連記事

子供の加圧トレーニングと身長の関係

子供の加圧トレーニングが身長に与える影響と成長ホルモンの関係を調査

子供の身長を伸ばす睡眠

子供の身長と睡眠の関係性~子供を成長させる親の心構え

運動と身長の関係

運動させるのは子供の成長に良い影響を与える?身長が伸びるのは本当なの?

成長ホルモン注射で身長は伸びるのか?

成長ホルモン注射で子供の身長を伸ばせる!?健康への影響を調査

たんぱく質と成長の関係

子供の身長を伸ばすアミノ酸のたんぱく質を調査しました