HGH協会とは?HGH協会が認証する成長サプリメントの特徴について調査

子どもの身長を伸ばすには、成長ホルモンが重要だと言われており、寝ている間に分泌される成長ホルモンを活発に分泌させる生活が必要です。

HGH協会と身長の関係

成長ホルモンはアミノ酸によって活発に分泌されることがわかっており、そこに着目してアミノ酸を中心としたサプリメントの摂取に注目しました。

アミノ酸サプリの認定機関であるHGH協会を紹介します。

HGH協会とは?子どもの身長を伸ばす成長ホルモンとの関係

HGH協会とはどのようなことをしている協会なのでしょうか。

普段の生活ではほとんど協会名を聞いたことがありませんが、どうやら子どもの成長との関係がある機関のようです。

HGH協会がどのようなことをしているのか詳しく調べるとともに、成長との関係性、どのような形で関係しているのかも詳しく調べてみました。

HGH協会は成長ホルモン分泌促進を高める製品の認証機関

HGH協会は、日本国内で販売されているHGH(成長ホルモン)製品について、成長ホルモンの分泌促進効果が高い製品で、アミノ酸7種類がバランス配合されているものだけに、独自の認定マークを発行しています。

認定基準規格として、7種類のアミノ酸である、L-トリプトファン、L-リジン、L-アルギニン、L-シトルリン、L-ファニルアラニン、L-オルニチン、L-グルタミンがバランスよく配合されていることを掲げています。

  • L-トリプトファン
  • L-リジン
  • L-アルギニン
  • L-シトルリン
  • L-ファニルアラニン
  • L-オルニチン
  • L-グルタミン

この独自の認定マークは、消費者が安心して使用できる信頼のマークであり、各種製品や広告資料などにも使用を許可しているものです。

製品の効果が高い、信頼できる安全性があることを証明しているだけに、認定された製品は医療機関や美容機関など、専門的な分野で使用・販売されています。

HGH協会の認定マークには、ブルーと白を基本としてはっきりと「日本HGH協会認定品」と記載され、ひと目見て認定品だとわかるものです。

代表的な製品には、白寿BIO医研株式会社の「H.G.H」、FUJIX株式会社の「H.G.H FOREVER」などがあります。

hgh協会認証のマーク
日本HGH協会 JAPAN HGH ASSOCIATION 日本HGH協会 JAPAN HGH ASSOCIATION

平成21年4月設立
住所神奈川県横浜市西区平沼2-2-1-2F
連絡先045-411-7984
アドレスinfo@j-hgh-a.jp
URLhttp://www.j-hgh-a.jp

HGH協会認定のサプリなら子どもの成長にもおすすめ

HGH協会認定品にはいくつもの種類があり、それぞれにアミノ酸がバランス配合されています。

アミノ酸は成長ホルモンの分泌を促進させ、子どもの身長を伸ばすことにも貢献します。

子どもから大人まで飲めるサプリとしても注目されており、日常生活で取り入れることにより、身長を伸ばし、活力やアンチエイジングにも良いと評判のサプリです。

HGH協会のサプリは医療・美容業界で活躍中

成長ホルモンは子どもの身長を伸ばすことに欠かせないホルモンで、通称HGHと言います。

HGH協会が認定している成長ホルモン分泌促進サプリメントは、成長ホルモンの分泌を高めるため、7種類のアミノ酸がバランスよく配合されています。

これらの認定サプリメントは、市販されているのではなく、主に医療業界や美容業界の専売品となっており、ほとんどの認定サプリは個人で購入することはできないか、通販限定商品となっています。

HGH協会認定のサプリメントは、医薬品ではないのですが、専門機関でなければ入手できないほど、成長ホルモンの分泌促進が期待できると解釈できます。

サプリメントとしても高品質で、身長を伸ばすことや美容・アンチエイジングにも効果が期待できるものです。

HGH協会の公式ホームページには、認定サプリメントを摂取した方からの体験談がいくつか掲載されています。

その中には、しみやしわ、肌のツヤやハリが良くなったというような、美容全般に関する体験談や、増毛効果、口腔内環境の改善、ダイエット効果、体の若返り、身長が伸びたなど、多くの体験談が寄せられています。

アミノ酸をバランスよく摂取することで、成長ホルモンの分泌量が増やし、成長ホルモンの作用が全身に効果的に出ていることを示しています。

また、各種病気予防にも良い影響をもたらしており、医薬品のサポートにも使用されています。

さらにHGH協会認定のサプリメントを2か月摂取したところ、成人男性の身長が2センチ伸びたという体験談もあります。

子どもの身長を伸ばしたいときにもおすすめでき、子どものころからサプリメントを摂取することで、成長ホルモンを自己分泌させられる体を作ることに貢献します。

サプリ摂取は子どもの成長ホルモン自己分泌体質作りに貢献

HGH協会認定のサプリメントは、体の主成分であるアミノ酸を中心にしたサプリメントです。

アミノ酸は体を構成しているタンパク質で、安全性が高く体内に入ってから吸収されやすいことが大きな特徴です。

子どもの成長にはアミノ酸が必要不可欠なもので、栄養バランスの良い食事を基本としながらも、HGH協会認定のサプリメントを摂取することで、プラスアルファの成長が期待できます。

本来子どもは規則正しい生活をしていれば、ほとんどの場合は身長を伸ばすことができます。

ですが近年では夜更かしや食生活の乱れなどから、あまり身長が伸びない子どもも増えています。

子どもの成長ホルモンの分泌が不十分な場合でも、HGH協会認定のサプリメントを飲むことで、体内から脳下垂体にアプローチして、成長ホルモンの分泌を促してもらえます。

薬品ではなく健康食品という点も、非常に安全に成長ホルモンの分泌を促進させることができるサプリだといえます。

また生活の乱れによって、成長ホルモンが分泌されにくい子どもの場合でも、体が自分で成長ホルモンを分泌する、成長ホルモンの自己分泌体質へと導いてくれる効果も期待できます。

成長ホルモンを自己分泌する体質になれば、身長が高くなることはもちろん、いくつになっても肌や髪の毛なども美しく維持でき、若々しい体や気持ちを持ち続けることができるでしょう。

万一、サプリを中止しても成長ホルモンの自己分泌体質なら、通常の食事をした場合でもしっかりと成長ホルモンの自己分泌ができるようになります。

サプリは5歳から飲める!子どもの身長を伸ばしたいなら飲む価値あり

両親からの遺伝が原因で、身長が低くなることは全体のわずか25%未満だと言われています。

低身長は遺伝があまり関係ないため、幼少期からの食生活や、生活習慣が大きく関係していると言えます。

子どものうちから身長を伸ばしたいと思っているなら、成長ホルモン分泌促進効果のあるサプリメントを飲むことがおすすめです。

HGH協会認定のサプリメントなら、5歳から飲めるので小さいうちから、成長ホルモン分泌促進効果を期待できます。

子どもは、女子は10歳、男子は11歳ごろに思春期を迎えます。
そしてそれぞれの年齢から2年ほどの間に身長が伸びるピークを迎えます。

平均すると女子なら10~12歳くらい、男子なら11歳~13歳くらいの間が成長のピークとなり、身長がグングン伸びる時期を迎えます。

この成長期は、第二次成長が始まると、ぴたりと止まる傾向があります。
女子なら初潮を迎えたとき、男子なら声変わりなどが第二次成長です。

男女総合で考えると、10歳から15歳くらいの間が身長を大幅に伸ばす時期であり、身長が伸びるために、スパートをかけていると言っても良い状態になります。

この時期は成長ホルモンが非常に重要な役割を担い、成長幅に対して、成長ホルモンが50%以上も影響していると言われています。

身長を伸ばすためにはカルシウムが重要だと良く言いますが、実際には成長ホルモンが最重要要素であり、タンパク質が次いで重要な栄養素となっています。

子どもの身長を高くしたい、伸ばしてあげたいと考えているなら、この成長期の少し前、8歳、9歳のころからHGH協会認定のサプリメントを摂取することがおすすめで、早めに成長ホルモンを自己分泌できる体作りをしておくことがベストです。

早めのサプリの摂取があれば、それだけ十分に間に合うほどの成長ホルモンを分泌できるようになり、十分に身長を伸ばすことに貢献できるでしょう。

おすすめ成長サプリメント ランキング

関連記事

子供の身長の今と昔を調査

子供の平均身長の今と昔の違い(平均身長の移り変わり)

MAX GPC αの気になるところ

子供の身長が伸びない病気とその改善・治療法