意外と知られていないグルタミンの身長を伸ばす働きを調査

グルタミンと言う言葉を聞いたことはありますか?

筋トレをしている人やサプリメントを利用している人は馴染みのある言葉だと思いますが、グルタミンとは、アミノ酸の一種で、私たちの身体の中にあるアミノ酸の中で一番多いアミノ酸です。

うまみ成分の元となるグルタミン

ここではグルタミンと身長を伸ばす効果の関係について紹介しています。

グルタミンの特徴と身長を伸ばす効果はあるのか?を調査

グルタミンは非必須アミノ酸で、人間の身体の中に大量にグルタミンが蓄えられていますが、運動をして身体を動かした時や、疲れた時、風邪をひいた時、強いストレスを受けた時には、グルタミンが大量に使われます。

このように、私たちの身体のエネルギー源としてグルタミンを使うので、大量にグルタミンを使うと、グルタミンが不足して、免疫力の低下につながります。

そのため、毎日健康でいるためには、グルタミンを対外から摂取する必要があります。

グルタミンの主な効果は、

  • 筋肉の分解を抑えてくれる
  • 成長ホルモンの分泌が増える
  • たんぱく質を作りだす

などの効果があります

この中で、あまり知られていないのが、成長ホルモンの分泌が増えることです。

よく子供の成長に知られているのはアミノ酸ですが、グルタミンもアルギニンと同じアミノ酸の一種で、成長ホルモンに大きく関わる大事なアミノ酸です。

成長ホルモンの分泌が増える事で身長の伸びにつながります。

グルタミンを経口摂取する事で成長ホルモンの分泌が高まったとある調査で報告があります。

成長ホルモンは、体脂肪の燃焼を促したり、コラーゲンの合成を高める作用もあるので、ダイエットや美容にも効果的です。

残念な事に、成長ホルモンは、思春期以降はどんどん分泌が減っていくので、毎日の食事でバランスよい栄養を心がけ、不足した分は、サプリメントなどで補いしっかりと身体の中にグルタミンを確保しておきましょう。

グルタミンの効果が高まる摂取量の目安は?

グルタミンは医療の現場でも積極的に使われています。
筋肉のけいれん発作や外科手術などの傷や身体の回復などに使われます。

グルタミンの摂取量は1日20g以内にすることが推奨されていて、サプリメントの摂取は、一度にたくさんの量を摂るのではなく、数回に分けて飲むようにしましょう。

グルタミンのサプリメントはたくさんのメーカーから販売されていますが、摂取する量は、自分の体重や運動量などに合わせて増やしたり減らしたりして摂取するようにしてください。

1日のグルタミン摂取量(g/日)

厚生労働省グルタミン1日上限 1日20g以内
成人男性 10~20g
成人女性 10~20g

1回の摂取量は、5~10gを目安とし、経口摂取では1日40gまでは問題ないとされています。

しかし、必要以上に摂取すると、肝臓や腎臓への負担をかけることになるので、肝臓や腎臓に疾患がある人は、医師に相談してから服用するようにしてください。

グルタミン入りの成長サプリは、寝ている間に成長ホルモンが分泌されるので、夜就寝前に飲むことがおすすめです。

グルタミン高含有量の食品で毎日の食事で健康に

グルタミンは、うま味成分として有名なグルタミン酸で、様々な料理に使われている食材で、味を美味しくするために使われています。

健康面でもたくさんのメリットがあり、リラックス成分のGABAを生成する栄養成分でもあります。

GABAとは?
植物や動物、わたしたちの体内にも広く存在する、天然アミノ酸のひとつ。
γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、GABA(ギャバ)と呼ばれています。ギャバには、気持ちを落ち着かせる「抗ストレス作用」があります。
引用元:GABAとは? ギャバ・ストレス研究センター

グルタミン酸は、身体を健康にしてくれる効果や効能があるので、グルタミンが多く含まれる食品を知り、毎日の食事で上手に摂取したいものです。

グルタミン酸を多く含んでいる食品を紹介したいと思います。

出汁で使用する事が多い昆布やわかめなどの海藻類

ワカメや昆布は、海藻類の中に多く含まれていることが研究結果で知られています。

その中でも特にグルタミン酸の含有量が多いのは、羅臼昆布で2,290~3,000mg以上とされています。

利尻昆布は、1,490~1,980㎎、日高昆布は1,290~1,340㎎含まれていて、昆布はグルタミン酸含有量が多いのが特徴です。

大豆や小麦などのグルテン

グルタミン酸は、小麦や大豆にも特に多く含まれています。

小麦粉は、100gあたり11000㎎
焼きふは、100gあたり11000㎎で高グルタミン酸含有量になっています。

野菜にも含まれるグルタミン酸

グルタミン酸は、うま味成分が有名ですが、野菜にもグルタミン酸は含まれています。

野菜は、美容や健康にも良いので、積極的に摂りたい食品です。

野菜の中で特にグルタミン酸が多いのは、トマトで、トマトのグルタミン酸はイノシン酸と合わせて、うま味調味料に使われていて、トマトを原料にした、ケチャップやトマトジュースを入れると料理の味に深みが出て味を引き出すことができます。

きゅうりもグルタミン酸を多く含む食品で、きゅうりにはとても苦味の強いクグルビタミンCと言う物質が含まれています。

子供のためのグルタミン酸はトータルアップサプリがおすすめ

グルタミン酸は、子供の成長ホルモンを増やす働きがあり、身長を伸ばすために上手にグルタミン酸のサプリメントを活用したいものです。

しかし、グルタミン酸入りの子供用のサプリメントはあまりありません。
数少ない子供用のグルタミン酸サプリでおすすめなのが、トータルアップです。


トータルアップは、17種類のアミノ酸が、子供の成長をサポートし、特にスポーツをしている子供にトータルアップはおすすめで、プロを目指しているジュニアチームの子供たちも飲んでいるサプリメントです。

アミノ酸は、1種類だけをたくさん摂取してもうまく効果はでないのですが、トータルアップは、グルタミン、アルギニン、オルニチンなど、他にもたくさんのアミノ酸が一緒に含まれているので、スポーツのあとの疲れをとったり、成長ホルモンを活発にしてくれたり、健康な身体作りをサポートしてくれます。

アミノ酸は種類が2つあり、L型とD型があります。
L型の方が体内の吸収率が高く、効果も出やすいと言われていて、トータルアップのアミノ酸は、L型なので、吸収率も抜群に期待できます。

その他にも、ビタミンDやボーンペップ、カルシウムなどの子供の身長を伸ばすのに大事な成分もたっぷりと含まれています。

ボーンペップやカルシウムを含んだサプリ
ボーンペップやカルシウムを含んだサプリは他にもいろいろあります。

マックスノビール公式
昔は、太陽の光を浴びると身長が伸びると言われ、積極的に太陽に当たる人が多くいました。 しかし今は、WHO世界保健機構では、18歳未...
ノビルン公式
多くの人は、高身長に憧れるのではないでしょうか。 特に男子は、背が高いと異性にモテる傾向があります。 スポーツをする時には、圧倒...
セノビック公式
日本人の平均の身長は、世界的に比べると、世界に196ケ国あるうちの30位です。 日本人は意外にも高身長に入ります。 日本も5...

トータルアップは、砂糖、人口甘味料、香料、着色料など心配な添加物も一切入っていないので、お子さんでも安心して飲ませることができます。

製造過程においても、ハイテクを駆使し、特殊製法で製品の安全性を確保し、安心、安全な納得のいく素材として提供しています。

気をつけたいグルタミン酸の過剰摂取で肝臓へダメージ

グルタミン酸は、筋肉の強化だけでなく、腸の働きをサポートしたり、成長ホルモンを向上させたり、風邪予防などの効果があり、今、注目を浴びている成分です。

身体に良い成分なので、しっかりと食べ物で摂り入れたいものですが、グルタミン酸は熱に弱く、強い酸性食品なので変性してしまうデミリットがあります。

このように、グルタミン酸は効率良く食べ物から摂取する事が難しいので、サプリメントで補う人が多いのですが、サプリメントを必要以上に過剰摂取すると、肝臓への負担がかかり、脳障害や精神障害などの副作用を起こすことがあるので、注意をしてください。

グルタミン酸は、サプリメントの食品の中にアミノ酸として配合されていて、安全性の高いアミノ酸ですが、どんなに優れているサプリメントでも、過剰摂取をした場合には副作用が出る事もあります。

グルタミンの過剰摂取の副作用で多いのは、胃のもたれや、むかつき、吐き気などです。

グルタミンを酸味の強いジュースなどに混ぜて飲むのは、胃のもたれを悪化させるので、水かぬるま湯に混ぜて飲むようにしてください。

関連記事

オルニチンが含まれるしじみ

オルニチンは大人から子供まで嬉しい成長サポート効果がいっぱい

ボーンペップは高身長に導いてくれる成長サプリの新成分

α-GPCが含まれる大豆

α-GPCという成分に注目!成長をサポートする効果に期待大!

マグネシウムの身長を伸ばす効果

マグネシウムはカルシウムの吸収を良くして子供の身長を伸ばす!?

アルギニン

アルギニンは子供の身長を伸ばすのにどんな効果があるか?

鉄分と亜鉛の効果

鉄分と亜鉛は成長期に身長を伸ばすためには必要不可欠