アルギニンは子供の身長を伸ばすのにどんな効果があるか?

一昔前は、子供の身長を伸ばすのに、カルシウムを積極的に摂るように勧められていましたが、今では身長を伸ばす為に大事な栄養素はアルギニンと言われています。

アルギニン

子供の身長に必要なアルギニンについて紹介したと思います。

身長を伸ばすと言われるアルギニン本当の効果は?

人の身体は20種類以上のアミノ酸でできています。

アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸があり、必須アミノ酸は体内で合成できないので、食べ物から摂取する必要があります。

必須アミノ酸は、免疫力のアップ、疲労回復、成長ホルモンの生成を助ける効果があります。

身長に関わっているアルギニンは必須アミノ酸で、子供の成長に効果があるというデータから、成長期の子供にアルギニン量は、1日に4000㎎推奨されています。

アルギニンで成長ホルモンが促進され、子供の身長が伸びることになります。

子供の身長を伸ばすには、成長ホルモンの分泌がとても重要になってきます。

アルギニンには成長ホルモンの促進や血行促進など、健康な身体へのサポートをしてくれる働きがあるので、不足してくると健康面に様々な支障をきたします。

アルギニンは、どれくらいの摂取量が適切か?

1日に必要なアルギニンの量は、厚生労働省からはでていません。

年齢や体重が違うと、身体の大きさも違ってくるので、アルギニンの摂取量は個人差ができてきます。

一般的に言われているアルギニンの摂取量は、大人で4gから9gです。

アルギニンは摂取量が少ないと効果が期待できないという特性があるので、これぐらいの量を摂取する必要があります。

アスリートのように筋肉をたくさん使う人たちは、たくさんの量が必要になり、10gはとった方が良いでしょう。

アルギニンは医療現場でも使われていて、医療現場では点滴は1日20g、内服薬は体重によって量を調整するとなっています。

年齢 アルギニン摂取量
6歳以下 身体が未発達のためおすすめしません
6歳以上 3g~4g
大人最低値 4g
大人最大値 9g

アルギニンは年齢によっても必要な摂取量は違いますので、年齢別の摂取量を参考に必要なアルギニンを摂るようにしてください。

アルギニンを多く含む食品は何?

アルギニンは、子供の成長に関わるアミノ酸で、特に幼児は体内で作りだす量が少ないので、食事からアルギニンを補う必要があります。

アルギニンは老若男女問わず、幅広い年齢層に効果が期待されていて、人間の身体に欠かすことのできない栄養素です。

育ち盛りの子供には、特にアルギニンは積極的に取り入れたいものです。

アルギニンを多く含む食品をランキングで紹介したいと思います。

1位 海産動物の魚介類

魚介類の中でも特にマグロやエビはアルギニンが多く含まれていて、吸収率をアップさせるビタミンB6も含まれています。
アルギニンの量が多いマグロ

特にアルギニン含有量に優れているのは鰹節で、いろんな食品にちょい足しでアルギニンをプラスしましょう。

  • 鰹節 4g
  • エビ 1.8g
  • サザエ 1.5g
  • クロマグロ 1.4g
  • カツオ 1.3g
  • アジ 1.2g

2位 肉類 豚のコラーゲンを加熱した豚ゼラチンはトップラス

たんぱく質として重宝されている肉類は、アルギニンを多く含んでいます。
アルギニンの量が多い豚肉

肉類はアルギニン以外にもアミノ酸がバランス良く含まれ、部位にもよりますが、脂質も多い商品なので、カロリーに注意が必要です。

  • 豚ゼラチン 7.9g
  • 鶏むね肉 (皮なし)1.5g
  • 鶏もも肉 1.3g
  • 豚ロース 1.3g
  • 牛肉 1.3g
  • 馬肉 1.3g

3位 種実類のナッツ

ナッツ類は良質な脂質を摂取できます。アルギニンも多く含み、おやつに最適な食品です。
アルギニンの量が多いナッツ類

ナッツ類はカロリーが高めなので、供給源ではなく、間食として食べる事がおすすめです。

  • ピーナッツ 3.2g
  • ごま 3.2g
  • 松の実 2.5g
  • くるみ2.2g
  • アーモンド 2.1g
  • カシューナッツ2g
  • マカダミアナッツ 1.2g

大豆製品、特に乾燥させた大豆

健康食品として有名な大豆食品の湯葉と高野豆腐は、アルギニン量も多く含まれます。
アルギニンの量が多い湯葉

  • 湯葉 (乾燥)4.4g
  • 高野豆腐 (乾燥)4.1g
  • きなこ 3g
  • 大豆 2.5g
  • 納豆 0.94g
  • 豆腐 0.56g
  • おから 0.41g

になります。

アルギニンを有効成分として一押ししている成長サプリ

子供の成長を伸ばすには、成長ホルモンを促進してくれるアルギニンがとても大切な栄養素ですが、アルギニンだけを補っていても身長はうまく伸びません。

身長の伸びに必要なのは、アルギニンと一緒にカルシウム、亜鉛、ビタミンB群をバランスよく摂取する事で、身長の伸びにつながります。

このように子供の身長を伸ばすのに、バランス良く配合されている身長サプリでおすすめは、アスミールになります。

アスミールは楽天ランキング1位、成長飲料ランキング満足度1位を獲得し、栄養が高い成分が配合されていて、親御さんたちに人気の高い身長サプリです。

アスミールの特徴は、アルギニンと亜鉛が高配合されている事です。

アルギニンと亜鉛は、子供の成長ホルモンの分泌を促進してくれる成分で医学的にも証明されている子供の身長を伸ばすのに重要な成分です。

しかしアルギニンは、子供が大人用に近いアルギニン含有量の身長サプリを飲むと、普段お肉が好きでたくさん食べている場合、アルギニンの摂取量が多くなるので注意が必要です。

ですが、アスミールは家庭で食事する分とアスミールで摂取するアルギニンをきちんと計算して開発されているので、アルギンンの摂りすぎを心配することなく安心して飲むことができます。

アスミールはアルギニンもしっかりとれるのに、カルシウムやビタミン群は1日の必要量の80%も摂取できるので、一押しの身長サプリです。

アスミールはココア味で、牛乳に溶かして飲むタイプなので牛乳が苦手なお子さんでも、ココア味なら美味しく飲むことができます。

人が生きていくのに、ストレスか必ずつきものです。 子供にもストレスはあり、ある研究の結果では幼児からあると言われています。 子供...

アルギニンは多く摂りすぎると副作用はないか?

アルギニンが子供の身長を伸ばす効果があるからと言って、必要以上に子供にアルギニンを与えてしまうと、効果が現れるどころか、かわいい我が子の健康を害する事になります。

アルギニンはアミノ酸サプリの強いアルカリ性で、血液の循環が正常な人がアルギンンを過剰摂取すると、血管が拡張して頭痛が起こる事があります。

中和されていないアルギニンをそのまま飲むと、消化器官に強いダメージを与え、一度に大量に摂取すると胃や腸などの消化器官の粘膜を荒らしやすく、胃痛下痢粘膜などの副作用を起こします。

刺激が強い場合は、サプリを飲む前に柑橘類や梅干しに含まれるクエン酸で中和させるか、牛乳などの乳酸菌で一緒に飲むと胃の粘膜を守ってくれます。

アレルギンを摂取する前に、喘息のアレルギーを持っているお子さんは注意が必要です。

喘息の子供はアレルギンを摂取すると、空気の通り道の気道に炎症が起こり、症状が悪化することがあるので、気をつけるようにしてください。

アルギニンは適量であれば、腎臓や肝臓の働きを改善させる効果が報告されていますが、腎機能障害肝機能障害がある人は、肝臓や腎臓に負担がかかるので注意が必要です。

アルギニンは適量であれば副作用もありませんが、ヘルペスがある人は、アルギニンが病状を活性化させることがあるので避けるようにしてください。

また、統合失調症の人もアルギニンが悪影響を及ぼすリスクがあるので、避けた方が良いです。

アルギニンは通常の食事からの摂取であればたくさん食べても副作用の心配はなく、副作用の心配があるのは、サプリメントの過剰摂取の時のみになります。

子供の身長を伸ばす成長サプリおすすめランキング2018

関連記事

うまみ成分の元となるグルタミン

意外と知られていないグルタミンの身長を伸ばす働きを調査

カルシウムと身長の関係

子供の身長を伸ばす成分カルシウムの効果と適切な摂取量

オルニチンが含まれるしじみ

オルニチンは大人から子供まで嬉しい成長サポート効果がいっぱい

ボーンペップは高身長に導いてくれる成長サプリの新成分

α-GPCが含まれる大豆

α-GPCという成分に注目!成長をサポートする効果に期待大!

マグネシウムの身長を伸ばす効果

マグネシウムはカルシウムの吸収を良くして子供の身長を伸ばす!?